セラミック矯正と矯正治療の違い
blog

ここ数年セラミック矯正という言葉を聞くようになりました。
当院でも問い合わせがあるので少しお話しします。

セラミック矯正とは昔からある方法です。昔は審美補綴と言われていました。
歯並びが気になるところの歯を削ってかぶせ物をし、見た目の形態修正をする事です。

昔からある装置を歯につけて歯を動かす矯正とは全く違う方法となります。

一番の違いはご自身の歯を削るということです。
それぞれの治療方法にはメリット、デメリットがあります。

当院では見た目の改善の為、セラミック矯正も矯正治療もお受けすることができます。
カウンセリングをし一番最適だと思う方法を提案させて頂きます。

ページトップ