感染症予防
blog

感染症予防というと 手洗いが大事ですね!

それにもうひとつ加えて頂きたいのが、歯磨きです。

お口の中には300種類くらいの細菌がいると言われていて総数、約6000億もの細菌がいます。

その中の細菌にはプロテアーゼという酵素を作るものがあり、喉や気管表面の防御バリアを弱くし、ウイルスを侵入しやすくしてしまいます。

また細菌の中には、ウイルスの増殖を促す働きをするものもあります。

毎日の歯磨きでお口の中の細菌数を減らしておく事が感染症予防につながるのではないでしょうか。

歯ブラシだけでなく、歯間ブラシ、フロス、ポイントブラシなど、複数の道具を使用して、お口の中の細菌数を減らし、歯磨きを感染症予防につなげてみて下さい。

毎日の歯磨きで取り除き切れない歯周ポケットの歯垢、歯石は歯科医院でクリーニングしてもらうのもひとつの手段です。感染症予防に定期的なメンテナンスも加えてみてはいかがでしょうか?

ページトップ